素肌にではなくインナー選び込みで。

肉が好き。

魚が好き。

でもその中でも焼肉が好き、煮魚が好き。

同じ食材でも色んな料理がありますよね。

一つのメインとなる食材があってそれを調理する料理人がいて。

調理の仕方は人それぞれですが、その調理法によって美味くもなり当然不味くもなる。

煮るなり焼くなりなんてよく言いますが、まさにその人の腕次第で食材の旨みを出せるかどうかは決まる。

 

もちろん偶然の好条件が重なったが故に生まれたおいしい料理もあるはず。

でもいわゆる料理人と呼ばれる人が生み出す物にそれは少ない気がします。

一つの食材を目の前に置かれてどう下準備を踏んで最後にどんな隠し味を足せばおいしい料理が出来上がるか。

そんな事を計算した上で料理をする人が多いそう。

 

そしてまるで目の前の素材を料理するかのような感覚で「ニット」という一つのアイテムを作り上げるブランドとのお取り組みが今シーズンよりスタートしました。

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20181019193433j:plain

 <wale>と<node>という2つの単語を組み合わせた造語。

<wale>はニットの用語で縦の連なりの輪という意味を表す。

<node>は建築の用語で結び目という意味を表す。

 

2016年よりスタートした日本のニットブランド。

日本製の高い技術に裏打ちされた確かな品質を持つ物づくりが魅力。

 

ブランドのシグニチャーモデルでもある大きく縦に深く入ったVネックニット。

今回はこのモデルでEDIFICEとの別注アイテムを作成依頼しました。

 

やはり今の気分はたっぷりめなサイズ感。

でもただ馬鹿でかいオーバーサイズでは完結させたくない。

丸みのあるフォルム、肩の落ち方、スリットの前後差のバランス。

老若男女安心して着られる上質なニットに仕上がりました。

素材はカシミヤ100%。

軽い、滑らか、そして暖かい、以上。

これ以上言う事はございません。

このカシミヤに関しての詳細は下記HOUYHNHNM NEWS、からもチェックできます。

www.houyhnhnm.jp

 

いわゆるVネックは巷にいくらでも溢れていますが、どこか堅苦しく逆に着方によってはいやらしい見え方すらしてしまう事もあります。

このニットにはそんな今までのVネックに対しての概念を絶妙に崩す計算されたバランスが。

 まさに大人の色気を引き出すVネックニット。

 

walenode、大島さんのHOUYHNHNMブログでもこちらの商品について御紹介いただいてます。

ohshima.blog.houyhnhnm.jp

素肌にではなくインナー選び込みでその日の装いを悩んでいただきたい逸品。

EDIFICE TOKYOで是非ご覧ください。

 

それではまた。

◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

※EDIFICE TOKYOのinstagramアカウントも新たに開設致しました。

www.instagram.com

 

www.instagram.com

www.instagram.com