「& EDIFICE」開館のお知らせ。

どうも。

突然ですが、HOUYHNHNMブログを始めさせていただいて間も無い私…。

拙い文章や言葉で何かを伝えようと少しずつ努めてまいりましたが、このブログを始めさせていただくきっかけとなったのはEDIFICE TOKYOというお店の情報をより多くの皆様にお知らせしたいという思いからでした。

 

実は、来たる 9月14日 EDIFICE TOKYOがリニューアルオープン致します。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909221358p:plain

EDIFICEが設立され間もなく25年の年月を迎えようとしておりますが、その第1号店でもあるこのEDIFICE TOKYO。

当然ながらいろんな方のこれまでの様々な思いが詰まっているお店です。

 

どんな風に生まれ変わるのか。

こんな風に生まれ変わります。

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180912141339j:plain

 

 EDIFICE TOKYOはこれまでの「EDIFICE TOKYO」単体からこの「& EDIFICE」という屋号を新たに持ち、1つの館内で3つの異なるブランドを表現します。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909230347j:plain

 

 

……???

 

よくわからないので簡単に「& EDIFICE」のコンセプトを。

1994年のオープン以来、上質なフレンチカジュアルを発信し続けてきた渋谷のフラッグシップショップは、その時代に必要なエッセンスを取り入れていく、新感覚のセレクトショップとして生まれ変わります。

世の中は、常にハイスピードで変化を続けています。

だからこそ、既存のサイクルや価値観にとらわれることなく時にはEDIFICEにある数々のレーベルを融合しながら、人と世代と時代、すべてをファッションと結びつけショップの未来を変えていく。

そこにつながるすべてとともに可能性を広げるショップ、それが& EDIFICE(アンド エディフィス)です。

 

 

先程1つの館内で3つの異なるブランドを表現しますと言いましたが、その記念すべきオープニングパートナーがこちらの2ブランド。

 

まずは「PULP

前回のブログでもチラッとお話しさせていただきましたが、私が今まで気にとめてこなかったブランドを最近になって気にするきっかけを与えてくれたのは実はこのPULP

& EDIFICEオープンの一角を担う「PULP」がこれまでの自身にはなかった新たな感覚を発見させてくれました。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909222826j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909222839j:plain

何となくLOOKからもお分かりいただけるかと思いますが、EDIFICEとは全く土俵が異なるこのブランド。

実際取り扱う商品のテンションやブランドが違えば御来店いただくお客様も全く違います。

 

…でもだからこそ交わってみた時に面白い何かが見えるのではなかろうか?

 

それがこのオープンタッグに至ったストレートな経緯です。

まさに異種格闘技戦のような気分。

見たこともない両極端な2ブランドのフュージョンに乞う御期待。

 

そして& EDIFICEはもう一つ大きなブランドともタッグを組みオープンします。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909223914j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909230246j:plain

フランスはパリの名門フットボールクラブチーム「PARIS SAINT-GERMAN」

もはや知名度的に説明は不要かと。

昨今、EDIFICEとも懇意にコラボレーションを行ってきたPSGがオフィシャルジャパンショップをついに& EDIFICE内にオープン。

こちらは長年の両社による度重なるミーティングから積年の思いでやっと実現したプロジェクト。

サッカーというスポーツを今のファッションにどこまでリンクさせ、そして昇華させる事ができるか。

言うまでもない期待値。

 

そして最後に「EDIFICE TOKYO」

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909230533j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180909230544j:plain

これまでのEDIFICEの既成概念は敢えてすべて覆し、新しい仕入れを1から行いました。

まだ見ぬ新進気鋭の海外ブランドはもちろん、EDIFICEで見慣れたブランドもまた新しく映る内容になっています。

今までのEDIFICEには無いアイテムやスタイルをより深い世界感で表現します。 

きっとそこには表面的な格好の良さと共にその物の背景や物語まで知りたくなる商品を御用意しています。

 

& EDIFICE、おそらく未だどこにも無い世界観が体験いただける館になります。

 

 オープンに合わせたスペシャルアイテムも各ブランドから9月15日にローンチ致します。

是非店頭にて直接体感していただければ。

& EDIFICE、間もなく開館致します。

 

それではまた。

◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

※EDIFICE TOKYOのinstagramアカウントも新たに開設致しました

www.instagram.com


www.instagram.com

 

www.instagram.com

OFF-WHITEの告知、ではございません。

とある理由で岡山は倉敷へ向かっております。

品川から岡山までは約3時間ちょっと。

国内移動にしてはなかなか長めの移動です。

そんな道中に最近自分の中で驚いた事をふと思い出したので1つ。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180824174610j:image

OFF-WHITEのクリップモチーフのコマを繋いだブレスレット。

シンプルにデザインがいい。

ありそうでなかったような。

素直に欲しい。

何とか自分で作ってやろうかと思いましたが無理。

ブラスコーティングかと思いきやこれは925だそうな。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180824190757j:image

デザイナーのVirgil Abrohもよく付けてます。

 

でも何に驚いたかというとこのアイテム自体にではなく、正直あまり気にかけていなかったブランドに自らの物欲へストレートに突き刺さるモノがあったというこの発見にです。

改めて視野広角化の重要性を認識。

もちろん市場において影響力のあるブランドだとは存じ上げていながら土俵が違う。

以前はそんな斜め45度から見るような感覚で見ていました。

でも1つ気になると何だか更に感じる事があるのではないかと直営店にも足を運んでみたり。

そしていざ行ってみると様々な視点において刺激強めなモノがあったりと新しい発見が。

 

もしかしたら引きで見るとやはり土俵は違うのかもしれません。

でもだからこそ交わってみるのが新しく、更に自分がそんなモノを着ていたら面白く人にも映るのでは‥最近はそんな気もしてます。

恐らくOFF-WHITEをよく知る人からするとこのブレスレットも見慣れたモノだと思うのですが、少なくとも私から見る分には新しく面白かった。

1点を突き詰める事はもちろん大切ですが、それに凝り固まるのは退化に繋がるような気もします。

こういう感覚は自分の中では大切にしていかねばなと。

自分の中で自分ぽくないモノほど取り入れてやろうとふと思った今日この頃です。

 

OFF-WHITEのおすすめアイテム紹介気味になりましたが最近感じた出来事でした。

 

…ぐだぐだ新幹線に乗りながら書きましたが、具体的にこういったブランドを気にするきっかけになったのはとあるお店と私が関わる事になってから。

このお店との事はまた時期が来たらしっかり告知させていただきます。

 

それではまた。

◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

www.instagram.com


www.instagram.com

 

 

らしくないモノをらしく。

ふぅ、、長らく続いた灼熱地獄もやっと終盤へ。

一応今朝のあさチャン!のお天気予報では散々苦しめられた猛暑も今日までと仰られてました。

 

はい、それとは逆行してアツい18AWアイテムがEDIFICE TOKYOには続々と入荷してきてます。

 

1発目。

今シーズンよりEDIFICE TOKYOでお取扱いスタートの「NEEDLES」

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141537j:plain

正直EDIFICEとNEEDLESってあまりイメージ的にリンクしない。

そんな方も多いのでは。

でも私としてはだからこそ逆に良い。

既存のEDIFICEのイメージを覆すべく買い付けさせて頂きました。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141623j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141706j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141723j:plain

今までには無い色気とアイテム1点1点が醸し出す妖艶な匂い。

これをEDIFICEのスタイルに落とし込むとしたら…今までには無いワードローブの+αになる。

少なからず私にはイメージが容易く浮かびました。

そして仮に自ブランドと切り離して考えたとしてもその人のパーソナリティを引き出すのにこんなに良いブランドはない。

EDIFICEというブランドの世界観にNEEDLESというブランドがあるが故にまた違った様に見えます。

「らしくないモノ」をその人の色でらしく着こなすのもファッションの醍醐味の1つかと。

このブランドはそんな意味での良い毒っ気になると思っています。

 ファーストデリバリーでは今の時期にサラッと着やすいモノが中心に入荷しております。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141925j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141932j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141949j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816141956j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816142001j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816142006j:plain

今後のセカンドデリバリーにも乞うご期待。

 

そんなNEEDLES。

実はファーストシーズンながら9月には別注まで発売予定。

ローンチはまだですがチラっとだけ詳細画像を…

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816174250j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180816174306j:plain

発売が待ち遠しい。

18AW商品、入荷があり次第随時アップしてまいります。

是非お楽しみに。

 

それではまた。

◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

www.instagram.com


www.instagram.com

「A」に込められた思い。

先日のブログでもチラッと御紹介させていただいたフィンランドでの仕入れ。

長旅を得てようやくお店に到着致しました。

もちろん日本ではEDIFICEでしか見れないシロモノ。

フィンランドと聞いて連想するものといえば、、

サウナ?オーロラ?サンタクロース?

いやいや、AALT大学です。※あくまで個人的な意見です

少なくともEDIFICEのバイヤーとして同国へ向かった私にとってはそうだったので、今回はAALT大学のグッズを買い占めてまいりました。

 

そもそも「AALT大学」ってなんぞや…?

そんな方も少なくはないと思いますので今回はそこも是非知っていただければと。

 

アアルト大学は、今でこそその名前が世間に広まり認知されていますが、実はもともとフィンランドにある3つの大学が2010年に合併してできた大学。

過去の大学名はそれぞれ、ヘルシンキ工科大学(1849年創立)、ヘルシンキ美術大学1871年創立)、ヘルシンキ経済大学(1904年創立)でした。

科学、美術、ビジネスの各コミュニティが密接に連携することで、学際的な環境が学生にとって斬新かつ生産的な発想を生む土壌になることが期待され合併に繋がりました。

これはいわゆる「研究・作る人→デザインする人→売る人」が一括して同じ大学に存在する事によって相乗効果で新しいアイディアを生み出すという発想。

大学名はフィンランドの著名な建築家・デザイナーであるアルヴァ・アアルトAlvar Aalto)にちなんでいます。

アルヴァ・アアルトはかつての統合前の1校である、ヘルシンキ工科大学の卒業生でありメインキャンパスであるオタニエミキャンパスの大部分のデザインなんかも手がけました。

 

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180726152317j:plain

ちなみに この人がアルヴァ・アアルト

余談ですが…アアルト(Aalto)の苗字Aaltoはフィンランド語で「波」を意味しますが、アアルト氏の本名です。

デザイン業界では非常に有名な存在で、特に建築やアアルトベースなんかが有名です。

とまぁ学校のお話しはほどほどにしておきます。

 

さらにアアルト大学について気になる方はオフィシャルサイトへGo↓↓

www.aalto.fi

実際に買ってきたアイテムはこんな感じ。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180727102239j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180727102519j:plain

バックプリントとその配置のセンスが良い。

こちらは色違いでブルーもあります。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180727103209j:plain

プリント違いもたくさんありますよ。

こちらも色違いあります。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180727102300j:plain

AALT大学ポロ。

ただの大学グッズとは思えないデザイナーズブランドを彷彿とさせる刺繍でのロゴ使い。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180727102424j:plain

服以外のグッズも実は個人的なオススメです。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180727102620j:plain

ランヤードやリフレクターキーホルダー。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180727102724j:plain

このリフレクターもただのデザインではなく、フィンランドは冬の夜になると雪で視界が悪くなる為セーフティー用の為の素材だそう。

実用のリアルと現代的なデザインにアアルトらしさが出てます。

 

ところでこの全てのグッズに入る特徴的なロゴ「A」とその横に入る記号について。

このロゴや記号は、アアルト大学の「A」という頭文字に様々な記号や色を並べ替えることによって様々なバリエーションを作ることができます。

これを作ったデザイナーは、アアルト大学は柔軟性を持って将来の世の中における様々なニーズを満たすブランドアイデンティティを作っていきたいという思いからこのようなロゴデザインの構成になったそうな。

 

小難しい内容が多くなりましたがこれらのグッズ、実は結構希少性の高いアイテムとなっております。

現在の販路はAALT大学のオフィシャルサイトでの通販のみ。

実は大学にもグッズが買える店舗はないんです。

これには実際大学へ行った私も正直驚きましたが、今回は特別に事前にアポイントを取って仕入れさせていただきました。

なので実物をお店で見れるのは事実上EDIFICEだけという事になってしまいますね。

「A」に込められた思いの詰まったAALTグッズ、是非この機会に店頭にて見てみて下さい。

 

それではまた。


◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

www.instagram.com


www.instagram.com

 

胸を張って。

夏、真っ盛りですね。

いよいよ私も日中は上着を着るのが困難になってきました…。

 

そろそろTシャツ…

Tシャツが欲しい…。

気の利いたTシャツが。

 

明日 7月14日(土)発売。

EDIFICEとBOICEの共同制作によって誕生した『SEVEN BY SEVEN』別注Tシャツ。

 

ちなみにBOICEってこんなブランド。

boice.baycrews.co.jp

前も少しこのブログでロゴモノについて書いた事がありました。

そんな事が関係ありそうでなかったりするのですがストレートで切れ味のあるTシャツが出来ました。

 

ロゴモノって何となく難しい、、子供っぽい。

流行りのストリートブランドやスポーツメーカーなら胸を張って着れるのに。

 

そんなイメージって常に付き物。

だこらこそ、そのイメージを覆すべく作ってみました。

EDIFICEとBOICEが考える、ロゴのイメージが先行しておらず尚且つそのブランドのロゴを違和感なく最高に格好良く演出してもらえるブランド。

 

それが両ブランド合致でSEVEN BY SEVENでした。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180713223836j:plain

6.5OZのヘビーウェイトで肉感のあるPRO CLUBボディーを使用し、米国らしいハリと厚みのある生地にラバープリントを施す事でその文字の存在感を生み出します。

全5パターンのカラー展開も、PRO CLUBボディーが持つ" THE USA "の良い意味での粗野感、カジュアルさの中にシックな一面を覗かせる組み合わせでなんとも言えない1枚映えする仕上がりに。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180713223846j:plain

また、今回の企画に向けて作成いただいた4色MIXのプリントカラーはSEVEN BY SEVENのブランドルーツでもある多種多様なものが混在しつつも、調和のとれた街 " San Francisco "をイメージし表現した限定カラー。

規則性がありながらも、手刷りによって生まれる微妙な個体差も1点モノのグラデーション具合を楽しんでいただける趣のあるプリントとなりました。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180713232244j:plain

ファッションブランドでいうなれば、そのブランドの冠を文字列で最大限わかりやすく表現する為に用いられる『ロゴ』。

だからこそシンプルでありながら最もナイーブになる部分でもある。

今回の別注Tシャツはそんな表裏を持ち合わせる『ロゴ』をEDIFICE、BOICE両ブランドなりに考えてみた。

たかがロゴ…いやいやされどロゴ。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180713232525j:plain

これは胸を張って着ていただけるモノかと。

是非店頭にてご覧下さいませ。

※こちらのアイテムはBOICE、EDIFICE TOKYO、EDIFICE LA BOUCLEの3店舗限定でのお取り扱いとなります。

 

それではまた。

◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

www.instagram.com


www.instagram.com


キックオフ前に叫びます。

世間はロシアW杯真っ只中。

私も本日は日本代表の初戦という事で全力で応援しようとスタンバイしとります…!!!!

さて、キックオフまで時間が無いので今回はいきなりの告知になります。

 

実はEDIFICEではまるでW杯の裏番組に合わせたかのようにドデカいサッカーネタのローンチがございます。

 

『PARIS SAINT-GERMAIN × HIROFUMI KIYONAGA』

 

来たる明日、6月20日よりフランスはパリを本拠地とするフットボールクラブ パリ・サンジェルマンとSOPHNETやF.C.R.B.を手掛ける清永浩文氏が手を組んだカプセルコレクションを一斉販売致します。

これまでもEDIFICEでは数々のPSGとのコラボレーションをローンチしてきました。

ズバリ今回のテーマは「NEO JAPONISME」

内容をご説明すると。。

ネオジャポニズムとは19世紀のフランスで浮世絵などが知られる事で始まった日本ブームの事で、モネやゴッホなど巨匠の作品にも大きな影響を与えました。

近年、パリでも空前の日本ブームが来ており「食」や「ファッション」はもちろん、アートや漫画等…実に様々な日本の文化が注目を浴びています。

エンブレムは清永氏のアイデア葛飾北斎の「富嶽三十六景 凱風快晴」、通称「赤富士」から着想し、大胆にもPSGのエンブレムの象徴であるエッフェル塔から富士山に変更してます。

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180619183838j:plain

オフィシャルでこんな事ができるって結構度胆を抜かれます。

 

エンブレムとスタジアム「AU PARK」をモチーフにしたアロハシャツのカラーバリエーションは2017-2018のユニホームのホーム=ネイビー、アウェイ=イエロー、サード=ブラックをイメージ。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180619183921j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180619183936j:plain

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180619183959j:plain

何とも絶妙にサッカーとアロハ柄がリンクした秀逸な柄に仕上がっております。

もちろん私はブラックとイエローを2色買い。

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180619190504j:plain

そして今回のコレクションの象徴となるビジュアルは現代浮世絵作家である三巴屋うきよゑもんに依頼。

PSG推奨の5名の選手を浮世絵の様式の1つである武者絵で書き下ろしました。

 

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180619184046j:plain

今をときめくスター選手が圧巻の迫力で浮世絵仕様に。

この他Tシャツ、トラックスーツからiPHONEケースなどなど…

幅広いアイテムをローンチ致します!

 

もちろん国内ではEDIFICEのみの販売です。

 

キックオフ前に叫びます。

この機会を是非お見逃しなく!!!

 

それではまた。

 

◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

www.instagram.com


www.instagram.com

最悪の時期に逆にどうぞ。

関東梅雨入りです。

この時期はいつも革モノの扱いに困る。

洋服、鞄はもちろん、、靴なんてもっての外。

まぁ100歩譲って革靴ならまだしも、ましてや革のサンダルなんて裸足で足濡れるわサンダルもダメージ喰らうわで論外。

雨ってお洒落するには何かと不都合な場合が多いですよね。

そんなお洒落好きな皆様にとって最悪の時期に最高にユニークなサンダルが入荷しました。

 

「ISLAND SLIPPER」の別注。

敢えてこのタイミングで攻め気味に御紹介させていただきます。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180612193852j:plain

言わずと知れたハワイのサンダルブランド。

物づくりにおいてハイテク化が進む中、いまだにハワイの工場の職人達の手により一貫して生産されてます。

インソール、ストラップの裁断、縫製、糊つけ。

はたまたロゴのプリントまで自社工場で仕上げてしまう徹底ぶり。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180613223053j:image

だからこそ実現、そして今も尚他のブランドには真似できない履き心地とデザインを保っているのだと思います。

EDIFICEとしては長らく温め続けてきた結果、実は今シーズンが初コラボレーション。

ソフトで触りの良い滑らかなスエード素材とアウトソールのオフホワイト、絶妙なカラーバランスが見た目として何とも良い。

まさに大人が履けるビーサン

 ズバリBLACK、NAVY、BROWN、BEIGEの4色展開。

 

ん…?

てか奥のBEIGEの色だけ違うのナニ??

そう思われた方はさすが勘が鋭い。

 

ここに今回の別注においてお話ししたい部分が詰まってます。

ご存知の方も多いと思いますので多くは語りませんが、そもそもこのブランドのルーツはその昔日本からハワイへ移住した本永武蔵という人物が古代ハワイの履物と彼自身のオリジンである日本の草履から着想を得て製作した一足の西洋スリッパにあります。

全ての発端はここから。

その後に武蔵氏の息子であるエドワード・モトナガ氏が1946年にホノルルに小さなサンダル工場を立ち上げます。

とまぁこういう感じでISLAND SLIPPERの歴史は始まり今に至る訳ですが、、

 

今回の別注はそんなブランドルーツの一角であった「草履」にフォーカス。

さらに細かくお伝えすると、あくまでデザインとして日常に馴染みやすい様草履の一種である雪駄をイメージしてます。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180613120641j:plain

個人的に推しはやはり雪駄カラー。

でもビーサン初心者なら絶対定番色。

一見上の写真を見るといつものデザインを雪駄カラーにしただけに見えるかもしれませんが、鼻緒の形状をよく見ると雪駄の様に丸みと厚みがあるのがお分かりいただけるかと。

素材に肉感がある分、履き心地の事も考え見た目以上に柔らかく仕上げてます。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180613150329j:plain

これを聞いてから他の3色をご覧いただくと、見慣れた定番カラーもまた違った雰囲気、解釈で着こなしていただけるかと。

・さすがにいくら夏でもデートに雪駄は炎上必至

・カジュアル過ぎるビーサンは子供っぽい

・合わせやすい色が良いし幅広く使いたい…でも他とは少し違うサンダルが欲しい

などなど夏のサンダルに関しての悩みは付きモノ。

これならビーサンとしてはもちろん、仮に同じ開襟シャツに合わせる時でもまたこなしが変わる…何ならこれからのお祭りシーズンの足元にもイケそうな…。

ポジティブな想像は膨らむ一方です。

これから迎えるビーサンハイシーズンに向けて先回りしてみてはいかがでしょうか。

f:id:hynm_makoto_yamamoto:20180613203624p:plain

 最悪の時期に逆にどうぞ。

 

それではまた。

 

◆EDIFICEの情報は下記 公式instagramアカウント、個人アカウント でも随時更新中ですので是非ご覧ください◆

www.instagram.com


www.instagram.com